韓国のカラコンは期限が複数ある?

韓国のカラコンの期限は一つだけではないんです

韓国のカラコンと聞くと国内製のカラコンより長く使えるというイメージが強い人も多いのではないでしょうか。
実は韓国カラコンは使用期限の種類は長いものだけではないですし、使用期限の他に見て欲しい期限があるんです。
そこで今回は韓国カラコンを使うときに見て欲しい期限や、使用期限の種類についてお話します。

韓国カラコンの使う時に見て欲しい期限

韓国カラコンを使用するとき、確認して欲しい期限は2つあります。

EXP(保存期限)

まず1つ目はEXP(保存期限)です。
EXPはExpiration dateの略で、保存期限を意味し、商品のラベルに書いてあることが多いものです。
保存期限は名前の通り、購入したカラコンをいつまで保存できるかを指すため、使用期限と非常に見間違えやすい日付です。
さらに保存といっても未開封の状態で適切に保管した場合なので、開封してしまうとその日から使用期限が始まってしまうので、その点でも注意が必要です。

使用期限

2つ目は使用期限です。
こちらは文字通り、カラコンを開封してからいつまで使用できるかの期間を指し、各通販サイトの詳細ページに必ず使用期限が書かれており、通販ページで購入するときに確認できます。
そしてカラコンの使用期限の始まりは、商品を開封した日から始まります。
そのため、使用期限が1年と書かれていたら開封した日から1年後、6カ月と書かれていたら開封した日から6カ月後、といったようになるので、開封した日を忘れずに記録しておく必要があります。

以上のように韓国カラコンには期限が二種類書かれています。
いずれの期限を間違えないようにすることが韓国カラコンを使うためには大切なことです。
では次に、韓国カラコンの使用期限の種類についてお話します。

韓国カラコンの使用期限の種類

韓国カラコンの使用期限の種類は主に4種類あります。

ワンイヤータイプ

ワンイヤータイプは開封したその日から最長1年使用できるタイプです。
韓国カラコンの中でも一番長く使用でき、主流となっています。
ケア用品によるレンズ洗浄とタンパク除去が必要です。

マンスリータイプ

マンスリータイプは開封した日から最長で30日間使用できるタイプです。
ワンイヤータイプと同じく、韓国カラコンで主流となっており、中には6カ月まで使用可能というものもあります。

ケア用品によるレンズ洗浄とタンパク除去が必要です。

ウィークリータイプ

ウィークリータイプは開封した日から最長で1週間使用できるタイプです。
韓国カラコンでは種類が少ないタイプとなっており、ケア用品によるレンズ洗浄とタンパク除去が必要です。

ワンデータイプ

ワンデータイプは開封した日のみ使える、1日のみ使用できるタイプです。
こちらもウィークリータイプと同じく、韓国カラコンの中では種類が少ないタイプとなっています。
そしてこちらは使用したら破棄する必要があります。

まとめ

韓国カラコンには期限が2種類あり、使用期限は様々なタイプがあるとお分かりいただけましたか?
期限をしっかり見分け、正しく管理をしながら目のおしゃれをしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。